<   2005年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
第9節試合日程
第9節について

日時:平成17年10月22日(土) 13:15~KICK OFF

場所:志木市立秋ヶ瀬運動公園サッカー場  

住所:埼玉県志木市大字宗岡

アクセス方法:<電車>志木駅東口から国際興業バス宗岡循環で上宗岡4丁目下車で徒歩10分                     
対戦相手:VS インテル・トキオ

集合時間:11:15現地集合

雨天利用:不可  駐車場:有(無料)  喫煙:可 

持ち物:ユニホーム(H&A)、レガース、スパイク、試合後に行われるかもしれない食事会へ のちょっとしたおこずかい
[PR]
by tokyobay-soccer | 2005-09-29 18:57 | 試合日程
4部リーグ【東京ベイメンバー写真】

d0018873_22135564.jpg
d0018873_22294947.jpg
d0018873_22153710.jpg
d0018873_1255244.jpg

[PR]
by tokyobay-soccer | 2005-09-25 01:27 | 結果
第8節速報!!
本日行われた都リーグの結果です。

前半2-0
後半6-0

合計8-0で勝利!!
得点者:森田3、夏掘3、イゴール2

MVP:倉片選手(右サイドバックで大活躍)
試合の様子は改めてお伝えします。
これで3部昇格がほぼ決まりました。あとはつまらないマナー違反等で失格にならないことだけを皆さんで心がけていきましょう。最終戦は10月22日です。無失点で優勝しましょう!!
[PR]
by tokyobay-soccer | 2005-09-24 00:34 | 結果
緊急案内!
急遽、明日の9月10日(土)の19:00-21:00に天王洲公園(人工芝)にて関東リーグ1部に所属しております「エリース東京」と練習試合をやることになりました。非常に強い相手とやれる、いいチャンスなのでぜひ皆さんで参加をしてみてください。特にユニホーム等を持参するわけではないので、お友達を連れてきてもらってもかまいません。何か不明な点がある際はトヨシマまで連絡をください。
[PR]
by tokyobay-soccer | 2005-09-09 10:38 | 最新ニュース
第8節日程
第8節について

日時:平成17年9月23日(金) 16:15~KICK OFF

場所:真如苑村山厚生施設(旧日産村山工場)  

住所:東京都武蔵村山市榎1-13

アクセス方法:<車>(新宿方面より)五日市街道砂川3番交差点を右へ曲がり約1.5km<電車>西武拝島線武蔵砂川駅下車 北へ約1.5km

対戦相手:VS デバッカ‐ズ

集合時間:14:30現地集合

雨天利用:可  駐車場:有(無料)  喫煙:指定場所のみ 

持ち物:ユニホーム(H&A)、レガース、スパイク、必ず祝勝会をするという強い気持ち

その他:ゴミは全て持ち帰ること、指定場所以外での飲食禁止
[PR]
by tokyobay-soccer | 2005-09-07 12:54 | 試合日程
第七節の結果について
残すところ三節。
最後の山場と見られたVS兼松は、阿部、イゴールらの得点で見事3-0で勝利を収めました。
苦しい戦いになりましたが、我が東京ベイFCを支えている鉄壁のDF陣GKの山口選手らが奮闘をし、無失点記録をさらに更新してくれました。残り二節になりましたが、最後までピッチ内外を含めてジェントルマンな戦いをしていきましょう。

また、今までわが東京ベイを引っ張ってきてくれた背番号22番の南選手が仕事の転勤で名古屋に行ってしまうことになりました。中々、名古屋から試合に駆けつけるのは難しくなってしまうとは思いますが、南選手が早くまた東京ベイFCに戻ってくるのを皆さんで待ちましょう。次回、南選手が戻ってきたときには最高のフィールドを用意しています。
d0018873_1141256.jpg

[PR]
by tokyobay-soccer | 2005-09-05 00:27 | 結果
~第6節~
 今年も暑い夏がやってきた。心も体も熱くさせられる夏が。ギラギラと輝く太陽をバックに、体いっぱい日差しをあじわいながら、それぞれが想い想いの夏を描いていく。夜空には、色鮮やかな花火が咲き乱れ観衆の心を虜にしてしまう。職人と呼ばれる人々が、一つの花火という球体に様々な想いをのせ空高く舞い上げ、花を咲かせる。まさに、夏の夜のファンタジスタである。そんな夜を待ちきれない真昼のファンタジスタ達が、一つのボールに熱い想いをのせ、フィールドというキャンパスに8つの個性豊かなゴールという名の花火を咲かせた。
 立ち上がりから、互いに負けられないという強い意志がグランドの上で激しくぶつかり合う。いったいこの先、どちらに勝利の女神が微笑むのかわからない時間が過ぎていく。少しでも自分達に手繰り寄せようと、体を張った守りで、一歩も譲ろうとはしない。そんな状況の中、一筋の光が差し込んだ。その光は東京ベイフットボールクラブを照らしていた。貴重な先制点を奪った。 後半に入ると状況は一変した。前半は相手に消されかけていた輝きを取り戻す。サイドを巧みに使い幾つものゴールへとつながるクロスが勝利に導いてくれた。                   
 
 東京ベイフットボールクラブが迎えた初めての夏には勝利に喜ぶ無邪気な笑顔の花が咲いていた。            
           記事 ピーコ JAPAN
[PR]
by tokyobay-soccer | 2005-09-01 17:58 | 試合内容