<   2005年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
天王山 ー第2節ー
 学園ドラマにでもでてきそうな土手がどこまでも続く、穏やかな景色を背景に、今回の戦いの場所は存在していた。
土曜日の午後の平穏を彩る環境の中、この場所だけは、一種別の空気が支配していた。
東京都4部リーグ全勝同士の試合、つまりは、天王山とも呼ぶべき試合が、今まさに行われようとしていたのであった。
 コイントスの行方を見守る選手たちの列が、緊張感をたぎらせ、これから始まる戦いへの重要性を高めていく。おそらくこの戦いに勝った方が、このリーグの主導権を握るであろう事は明らかで、皆もそれを解っていた。時間を静止させ、白か黒かの判断を背負い、ゆっくりと着地をしたコインが静寂を切り裂き、試合の火ぶたは切って落とされた。
相手の力は?どう出てくる? 序盤は探り合いから始まった。一身一体の中で、どちらも流れをつかめずに試合はこう着状態を続けた。こういった試合は流れをつかんだ方に有利に試合が展開していくもので、勝負においてこの流れというのは非常に重要度を占める。どちらが先に、流れを引き寄せるためのきっかけを見つけだすか、そんな時間の中、流れを左右する出来事が起こった。    
 東京ベイの右サイドの選手が駆け上がり、センタリングを上げた。しかし相手長身ディフェンダーの頭にはじかれ、ボールが力なく空に舞いあっがた。
視線がボールに集まり、落下地点をめがけて選手が詰め寄っていく。しかし、誰よりも速く、1人の選手がそのボールに近付いていた。ボールが落下するよりも速く振り抜いた足から放たれたボールは、選手同士が飽和状態となったペナルティーエリアをすり抜け、最後の砦のゴールキーパーの手をもかわしゴールへと吸い込まれた。
 両チームにとって喉から手の出ほど欲しかった1点が、東京ベイに入った。
しかもそのゴールは、もう一つの副産物をチームに運び込んだ。それは勝負をも左右する「流れ」だった。その主人公となった選手は、チームの中でも、いわゆる穴と呼ばれる選手で、まず誰もその選手がゴールを決めるとは思っていなかった。だからこそ、その「流れ」は強大で、天王山という雰囲気や緊張すらも飲み込むものとなり、東京ベイの力となった。その後2点3点と立て続けに入っていき、東京ベイの4点リードで前半を折り返したのであった。
 後半も「流れ」は変わる事なく、東京ベイのペースで試合が進んでいった。相手の中盤でのパスを前でカットし、相手ディフェンス陣の裏へボールを蹴り、相手ディフェンダーに対し常に背中を向けてプレーをさせる状況をつくることで、相手の体力を奪い、ミスを逃さずにゴールに迫った。この戦術の大きな利点は、相手にリスクを与え、こちらのリスクを最小限に減らして、ゴールを狙えるというところにある。自陣ゴールの近くでミスを犯せば失点の可能性は高くなし、相手に背を向けさせてプレーさせれば(自陣ゴールの方を向かせる)、ミスも増え失点をする可能性も高くなる。(W杯予選の日本対バーレーン戦での、バーレーン選手のオウンゴールも、相手に背を向けてプレーさせたことで生まれた)こうして、リスクを確実に管理した東京ベイが2点を追加し、6ー0という結果で、天王山と目された試合が終了した。
 試合をとおして常に「流れは」東京ベイに味方していた。もしかしたら、あの1点が入ったところで、この試合のシナリオは決まっていたのかもしれない。
 試合後、喜びの輪の中心に、あの選手がいた。

                            記事:sun.
[PR]
by tokyobay-soccer | 2005-05-30 03:51 | 試合内容
ファンとの1枚
d0018873_2365517.jpg                                                                                                                              感謝!!東京ベイフットボールクラブファンの皆様  わざわざ会場まで観にきて頂き感謝、感激でした。  「次回はぜひ、マネージャーで・・・」との声も!期待しています。 これからも応援よろしくお願いします。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  
 記事  セルシオ越後
[PR]
by tokyobay-soccer | 2005-05-30 00:23
全国クラブチームサッカー選手権(東京大会)の結果報告
d0018873_23274666.jpg

    5月22日(日) 9:30 キックオフ
 東京大会の初戦、そして関東、全国へと続く戦いが始まった。
 東京ベイフットボールクラブはここまで、リーグ戦2試合を消化し、2連勝と負けしらず。また、失点0という安定した守備陣を中心に相手につけいる隙を与えることはなく、爆発的な攻撃力で連勝していた。相手は2部リーグに所属するチーム、我々は4部リーグ、ランクで見る限りは格上のチームとの対戦だ。だが誰もが自分達のサッカーをすれば、決して負ける相手ではない、
そう信じていたのだが・・・
 今回のメンバーはリーグ戦で出場枠の関係で出場機会の少なかった、学生を中心にメンバー構成された。試合に餓えていた彼等にとっては、待ちに待った大会でもあり、モチベーションも高いものがあった。 試合序盤は慣れない砂のグランドで、本来のつないで崩すゲーム運びに手こずりながらもわずかに、主導権を握りつつあり、得点の香りもかもしはじめていた。唯一の気掛かりは、セカンドボールに対する意識が相手の方が強いということぐらいだった。守備陣も集中を保っていて、崩される雰囲気はなかった。 そんな矢先、相手にセットプレーから思わぬ得点をあたえてしまう。初めての失点、そして予期せぬ出来事ではあったが自分達は動揺することはなかった。しかし、相手に安心感をあたえ、相手のモチベーションが上がっていくのは明らかだった。 そして、前半終了0-1  満足できる結果ではないにしろ、その後を0に抑えて幾つかの決定的チャンスもつくっていたので、後半につながるいい準備はできていた。
 後半開始。自分達は立ち上がりから慌てて得点を穫りにいくことなく、まずは追加点を与えずに同点に追いつくことを考えながらプレーした。 前半同様、確実なボールポジションを基本にゴール前へと迫っていったが、ラストプレー(スルーパス・クロス・シュート)にグランド条件の悪さもあり精細を欠いていた。 そして主導権を僅かに握りつつも時間だけが過ぎていった。
後半も残り15分を切り、まずは同点にしようと攻撃を厚くしていたその時、GKのミスにより相手に決定的な2点目を与えてしまう。そこから自陣のサイドのスペースで時間をかけられてしまい
試合終了。
 最後まで諦めずに戦い抜いた選手達には、拍手を送りたい、とともにこの敗戦で考えさせられたこと、学んだことを糧にして個人の、チームの、レベルアップを目指してステップアップしていってほしい。
 これから続くリーグ戦での生まれ変わっていく東京ベイフットボールクラブにどうぞご期待ください!!

                          記事:SIN

  




    VS 駒沢Griffin
(前半)0 - 1
(後半)0 - 1     total 0-2              
                                
                                                                                          :GKのミス(判断、キャッチetc.)はすぐに                                  失点する。また、味方のモチベーション                                   を下げてしまう                                                :ラストプレーの精度の向上の必要性                                   :ひとつの得点、失点が試合の流れを                                    大きく変える                                                  :攻撃時のボールポジションにおいて                                     足下だけでわなく時に相手の嫌がるス                                   ペースにロングボールをいれる                                      :FW.MFのスペースへの飛び出しの必要                                  性                                                        :不用意なファウルで相手にセットプレーを与                                えない                                                      :セカンドボールに対しての意識を高く持つ                                  etc...
[PR]
by tokyobay-soccer | 2005-05-24 22:53 | 結果
第2節
5月14日の行われた第2節のMVPです。

<攻撃面>
 FW 夏堀 裕久
 

 コメント:

<守備面>
 DF 森田 剛一

 コメント:

<GK無失点連続時間>
 山口伸一   140分間 (5月14日現在)

 コメント:ん・・・?代表に呼ばれてるかって?ジーコと話し合ってからかな
          
[PR]
by tokyobay-soccer | 2005-05-18 12:24 | 【MVP】発表
第二節の結果報告
d0018873_3161415.jpg



〜頂上決戦〜

 5月14日に埼玉県の朝霞で行われた、東京都の4部リーグ第二節は、早くも全勝の可能性があるチーム同士の頂上対決となった。大人のサッカーを繰り広げる「東京ベイFC」に対戦相手のYITCはまったく付入る隙はなかった。終始ボールを支配したわれらの圧勝という形で頂上対決は幕を閉じる形となった。
 天王山を制した「東京ベイFC」だが、まだ4部のリーグ戦はわずか2試合を消化しただけに過ぎない。これからも気を許せない戦いが続くことは間違いない。そんな我がチームの今後の戦いに注目をしてほしい。

結果
※東京都四部リーグ 
<第二節> 2005.5.14 会場:内間木地内公園グランド  
VS Y.I.T.C
 前半:4−0 
 後半:2−0 
 
 合計:6−0

 得点者:17番 岡崎11番 夏掘39番 加藤10番 松下(イゴール)
[PR]
by tokyobay-soccer | 2005-05-15 12:10 | 結果
5月病を吹き飛ばせ!!
五月病にかかっていない?

 GWの静寂が過ぎ去ると共に、5月の病がにわかに騒ぎ始める今日この頃。なんだか体もだるく、気合も乗ってこないな~といいたい所だが、僕ら東京ベイサッカークラブには、天王山ともいうべき決戦の日が刻一刻と迫っているのだ。
 東京都4部リーグに今シーズンから所属している東京ベイは、前節まで順調に試合を運び、全勝で現在首位にいる。いや、正確には首位タイで並んでいる。そのチームと、一つのイスを巡るゲームが行われるのが、次節なのである。お互い全勝同士、意地と意地の誇りを賭けた試合となるのか、はたまた、一方の技術が、その気持ちをも凌駕する試合となるのか、いずれにせよ、どちらのモチベーションも高くヒートアップしていることだけは、確かだろう。
 気持ちが高ぶり、鼓動が意識を持ちえたかのように動き始める。
それを解き放つ日は、5月病の騒ぎも収まり始める、5月14日(土)である。

                                                記事: sun.
[PR]
by tokyobay-soccer | 2005-05-11 13:50 | 最新ニュース
東京ベイフットボールメンバー紹介
1 GK (ヤマグチ シンイチ) 山口 伸一 2 DF (ミヤザワ シュンイチ) 宮澤 俊一

4 DF (オヤマ ヒロキ) 小山 大樹   5 DF (イチカワ タケシ)  市川 健

6 MF (アベ コウタロウ) 阿部 光太郎 7 MF (アンドウ ヒロシ) 安藤 博司

8 MF (コマツバラ コウタ) 小松原 鉱太 9 MF (カトウ マサル)  加藤 賢

10 FW (マツシタ ミズキ)松下 瑞樹 11 FW (ナツボリ ヒロヒサ)夏堀 裕久

12 FW (ミスゲ ユウジ) 三菅 裕道  13 MF (ミズグチ シン)  水口 晋

14 MF (アサオカ ショウタ) 浅岡 翔太 15 MF (オガタ ヒデユキ) 小形 英幸

16 DF (ババ モトノリ) 馬場 源徳  17 MF (オカザキ ススム) 岡崎 晋

18 MF (ヒサトミ タクロウ)久富 拓郎 19 FW (ミヤシタ ダイスケ)宮下 大典

20 MF (トヨシマ タケオ)豊島 健生 21 DF (ナカウチ ジュンペイ)中内 順平

22 FW (ミナミ ゼンイチロウ) 南 前一郎 23 MF (クラカタ カン) 倉片 寛

24 FW (エグチ カズヒロ) 江口 和宏  25 MF (ツツミ タカヒロ) 堤 雄大

26 DF (オオヌキ タカオ) 大貫 孝夫  27 MF (ナカジマ タカシ) 中島 孝

28 MF (タカハシ ケンスケ)  高橋 健介 29 MF (ヨネヤマ サトシ) 米山 智

30 DF (スズキ ジュンヤ) 鈴木 洵也  31 DF (モリタ ゴウイチ) 森田 剛一

32 MF (モトラ コウスケ) 元良 厚介
[PR]
by tokyobay-soccer | 2005-05-09 21:53 | 活躍状況
第三節日程
日時:平成17年5月28日(土) 11:00~KICK OFF

場所:昭和公園陸上競技場
東京都昭和市東町5丁目  駐車場有

対戦相手:VS MARUZEN JP

集合時間:9:00現地集合

交通アクセス:<電車>JR中央線「立川駅」から青梅線に乗換えをして、「東中神駅」下車 徒歩5分

持ち物:ユニホーム(H&A)、レガース、スパイク、勝ちたい気持ち、笑顔
[PR]
by tokyobay-soccer | 2005-05-02 14:38 | 試合日程