第3節結果
   5月28日(土) 11:00kick off             
    VS MARUZEN JB FC <前半> 5 - 0 <後半> 5 - 0
                  total 10 - 0 win
                 <得点> 夏堀4 森田2 南2 松下 豊島 
 
  サッカーというゲームは強いチームが勝つのではなく、勝ったチームが強いのだ。国内、海外のリーグ戦を見渡してみても、強豪と呼ばれ優勝争いに加わるチームは決して連敗をしない。 そう、負けたゲームの次の試合こそが最も重要なのである。我々、東京ベイフットボールクラブも、強豪と呼ばれるに値するチームになるためにも負けられない一戦が始まった。誰一人としてトーナメント戦の敗戦を引きずることなく、ピッチに立っていた。
 試合開始直後から、ゲームの主導権を完全に握っていた。ショートパスで確実にパスをつなぎ、テンポのいいリズムで左右のスペースをワイドに使い、ゴール前へのクロス、ドリブル突破と多彩なバリエーションで相手守備網を崩しに崩していた。前回の敗戦で得た教訓を、有意義に生かしきっているゲーム運びであった。が、しかし何度も決定的なゴールチャンスを迎えながらもなかなか先取点が奪えないまま、前半もなかばに差し掛かっていた。少しだけ嫌な思いが頭をよぎる。前半このまま終えてしまえば、相手に自信を与えてしまう。ましてや、たったひとつのチャンスから相手に得点を与えるようなことになればゲームの流れが傾きかけるのでは・・・
そんな思いを夏堀の華麗なゴールが吹き飛ばしてくれた。そして、このゴールを口火に怒濤のゴールラッシュが始まった。わずか15分たらずで5ゴールを奪い前半を終えた。
 後半開始。先発のメンバーから数名選手を替え、さらなる追加点をあげ試合の勝敗を決定的なものにするための選手達が送り込まれた。そして早速、その選手達が期待に応える。シュートのこぼれ球に南が鋭く反応し6点目を奪う。自身、リーグ戦初ゴールとともに勝利を確信する貴重なゴールをチームにもたらしてくれた。その後も圧倒的にボールを支配し、攻撃し続けた。 終わってみれば10-0の快勝で勝利をおさめた。守備陣も味方のキーパーを敵?にまわすほどの安定ぶりで攻撃を未然に防ぎシュートを打たせなかった。自分達の目指すサッカーにまた一歩近づけた内容で終えることができたのではないのだろうか。また、勝利を確信できそうな得点差になりながらも、最後まで全力で戦うのが相手への敬意であるという選手達の気持ちが伝わってきた試合だった。 
記事 セルシオ越後
  
[PR]
by tokyobay-soccer | 2005-06-01 13:29 | 結果
<< 第四節日程 第3節 >>